引越しトラック サイズ 道幅

引越しトラックのサイズと道幅の関係

引越し トラック サイズ

 

引越しで必要不可欠なトラックですが、大きいものから小さいものまで多種多様です。
大きいトラックなら荷物が乗り切らないという心配もないので一見良さそうですが、大きいトラックはそれだけ経費もかさみます。

 

それに大きいトラックが通れない道路があるので、大きいトラックを使いたいときは物件に面する道路の幅にも注意しましょう。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには前面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックに前面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには前面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには前面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車。
高さが7〜8階まで対応可能ですが、前面道路4m以上が必要

 

日本には細い道路や狭い道路も多いですが、坂道や階段に面する物件も多いのです。

 

そんなときは大きいトラックが置けるスペースを確保できないこともあります。
物件の道路が狭い時は、どのように引越しするのが一番効率が良いか引越し業者と相談しておきましょう。

トップページ > ベッドの搬送は引越し業者がお得