ベッド搬送

ベッドの搬送を簡単にお得にする方法

ベッド搬送

ベッド 郵送

ベッド 配送

ベッド 輸送

ベッド 送る

ベッド 運ぶ

 

ベッドの搬送にお困りですか?
大きなベッドはちょっと動かすだけでも大変な作業になりますね。

 

ベッドを搬送してくれる業者と言えば、宅配業者や引越し業者、便利屋などが思い浮かびます。
この中でベッドの搬送にオススメなのは、引越し業者です。

 

ベッドを搬送できる宅配業者は家財便をもつ大手くらいですし、便利屋はそもそも数が圧倒的に少ないからです。

 

業者の数が多く、普段からベッドを分解して運んでいる引越し業者なら簡単にベッドを搬送してくれます。
しかも一括見積もりが出来るというのもポイントが高いですね。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

同じ条件で複数の引越し業者に見積もりを取ることで、相場はもちろん最安値の業者も見つけることが出来ますよ。

 

引越し業者にはベッドだけを運んで欲しいと言う依頼も多いのです。

 

例えば、ベッドを人に譲りたいとか2階に運びたいなどという依頼でも一括見積もりが可能です。

 

是非ご活用くださいね。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

 

ベッドの搬送費用と引越し費用を安くする

 

ベッド搬送安く

 

引越し料金やベッドの搬送費用をちょっとでも安くしたいなら条件を見直してみませんか?

 

引越しの繁忙期は3〜4月で、この時期は1年間で最も引越し件数が多く引越し業者もスタッフを増員して対応しますが、それでも間に合わないこともあります。

 

もし急いで引越しする必要がないのであれば、この時期は避けた方が良いです。とにかく高いですから。
一人暮らしなら、とりあえず最低限のものを運んで繁忙期がすぎてから荷物を送るのもいいかと思います。

 

引越しは、土日祝日の午前中から行いたいという方が多いです。さらに大安を希望されるかたもいます。
ですからこれ以外の日や時間であれば、引越し費用は安くなるチャンスがあります。
平日の午後便か時間を指定しないフリー便を利用できる方は、お得に荷物を運ぶことができるかもしれません。

 

引越しで一番費用がかかるのが、長距離の引越しです。
長距離引越しはドライバースタッフと交代要員などの人件費、ガソリンや高速代がかかりますので費用が高いのはどうしようもないです。

 

そこで同じ方面に荷物を運びたい人を集めて運ぶ混載便の利用がオススメです。
ただ混載便は荷物が集まってからの配送になりますので、希望の日に荷物を運ぶことができないというところが難点です。

 

ベッドの搬送も、引越しも引越し業者が忙しくない日であれば安くなるチャンスがあります。

 

 

引越しのだいたいの手順

 

引越し手順

 

引越し作業はすることがたくさんあって混乱しますね。
しかしだいたいのおおまかな手順を知っておくと、当日までに無駄な動きがなくスムーズです。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。

 

D郵便局へ転送の手続き

 

E引越し当日

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

まずは新居の住所が決まらないと引越し業者に正確な費用を見積もってもらうことができません。
トラックを置く場所、エレベーターの有無なども引越し費用に関係しますので、見積もりは新居が決まってからがオススメです。

 

引越しをする前に不用品は処分してください。
新居に引越ししてからゆっくり分別したい気も分かるのですが、それだと不用品の輸送費も引越しの見積もりに加算されてしまい不経済です。
不用品は引越し前にあげる、売る、捨てるなどして処分してくださいね。

 

市役所に提出する書類は市外への引越しの際は転出届で、引越し日の2週間前から提出できます。
ほかに国民健康保険や国民年金のことも聞いておくといいと思います。

 

今使っている電気・ガス・水道も引越し日まで使えるようにして費用は日割りで精算をしてもらうことができます。
ただし会社によって手続き方法が異なるので、電話して聞いてくださいね。
ガスはガス会社の人の立ち合いのもと元栓を閉める作業がありますので、日にちをあけておいてくださいね。

 

郵便物が届かないと困りますね。
大丈夫です。郵便局に転送届を提出しておきましょう。
1年間だけ新居に郵便物を転送してくれますから、その間に友人知人に「引越ししました」と連絡してくださいね。

 

引越し当日は引越し業者に家具をどこに置くのかなどの指示をしてください。
あらかじめ紙に書いて新居の壁などに貼っておくと引越し屋さんも便利で助かると思います。

 

新居に最寄りの市役所では市内引越しなら転居届を、市外引越しでは転入届を提出しましょう。
引越し日から2週間以内に提出してくださいね。

 

あとは免許証、保険、パスポート、銀行、カード会社など住所変更が必要そうな所への連絡をしましょう。
身分証として使う方は早めに行いましょう。

 

たくさんすることはありますが、時期が違いますのでそんなに大変ではないですので頑張ってくださいね。

 

 

引越しの見積もり書と契約書の違い

 

ベッド搬送見積もり

 

引越し業者の見積もりの際に出される書類には、見積もり書と契約書があります。

 

見積もり書は費用の内訳が記載されていて、引越し料金の根拠となるものです。

 

一方契約書はサインをしてしまうと、法的な責任が生じます。
契約書へのサインは業者と契約したとみなされますので、解約の際にはキャンセル料が発生することも有り得るものです。
サインをする際には、書類の名前にご注意ください。

 

トラックのサイズは荷物の量によって決まります。
荷物が多い場合は大きなトラックが必要です。
ここで見積もり書に「積み切り」と書かれていないかを確認をしてください。

 

積み切りというのはトラックに載せられるだけ載せますが、入りきらなかったものは自力で運んでくださいということになります。

 

ですから荷物は「全積み」での契約になっていることを確認してくださいね。

 

 

引っ越しの挨拶に行く時期

 

引越し挨拶

 

引越ししたら近所の方へ挨拶しておましょう。
新生活の第一印象が「挨拶のできない隣人」にならないようにしたいですね。

 

引越しの挨拶は、引越し当日か翌日にいきましょう。
結構早いと驚かれるかもしれませんが、先延ばしにすると行くのが面倒くさくなったり、先に道や廊下でバッタリ会ってしまってタイミングを逃したりします。

 

ですから引越し日までに簡単な粗品を用意しておくのがおすすめです。
粗品は500円とか1000円くらいの日用品やお菓子、タオルや洗剤などの消耗品も喜ばれると思います。

 

ではどこのお宅まで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋の方に行くのが一般的です。
大家さんや管理人さんが近くにお住いの場合は、その方にもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。
一軒家ではマンションのような住人専用のゴミ収集所がないので、ゴミ収集上の清掃は町内で当番制のところが多いです。
ですから地域の自治会長さんにもご挨拶して、ゴミ出しのルールなども聞いておくと安心ですね。

 

 

家具運送 ベッド配達