ベッド搬送

ベッドの搬送を簡単にお得にする方法

ベッド搬送

ベッド 郵送

ベッド 配送

ベッド 輸送

ベッド 送る

ベッド 運ぶ

 

ベッドの搬送にお困りですか?
大きなベッドはちょっと動かすだけでも大変な作業になりますね。

 

ベッドを搬送してくれる業者と言えば、宅配業者や引越し業者、便利屋などが思い浮かびます。
この中でベッドの搬送にオススメなのは、引越し業者です。

 

ベッドを搬送できる宅配業者は家財便をもつ大手くらいですし、便利屋はそもそも数が圧倒的に少ないからです。

 

業者の数が多く、普段からベッドを分解して運んでいる引越し業者なら簡単にベッドを搬送してくれます。
しかも一括見積もりが出来るというのもポイントが高いですね。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

同じ条件で複数の引越し業者に見積もりを取ることで、相場はもちろん最安値の業者も見つけることが出来ますよ。

 

引越し業者にはベッドだけを運んで欲しいと言う依頼も多いのです。

 

例えば、ベッドを人に譲りたいとか2階に運びたいなどという依頼でも一括見積もりが可能です。

 

是非ご活用くださいね。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

 

ベッドの搬送費用と引越し費用を安くする

 

ベッド搬送安く

 

引越し料金やベッドの搬送費用をちょっとでも安くしたいなら条件を見直してみませんか?

 

引越しの繁忙期は3〜4月で、この時期は1年間で最も引越し件数が多く引越し業者もスタッフを増員して対応しますが、それでも間に合わないこともあります。

 

もし急いで引越しする必要がないのであれば、この時期は避けた方が良いです。とにかく高いですから。
一人暮らしなら、とりあえず最低限のものを運んで繁忙期がすぎてから荷物を送るのもいいかと思います。

 

引越しは、土日祝日の午前中から行いたいという方が多いです。さらに大安を希望されるかたもいます。
ですからこれ以外の日や時間であれば、引越し費用は安くなるチャンスがあります。
平日の午後便か時間を指定しないフリー便を利用できる方は、お得に荷物を運ぶことができるかもしれません。

 

引越しで一番費用がかかるのが、長距離の引越しです。
長距離引越しはドライバースタッフと交代要員などの人件費、ガソリンや高速代がかかりますので費用が高いのはどうしようもないです。

 

そこで同じ方面に荷物を運びたい人を集めて運ぶ混載便の利用がオススメです。
ただ混載便は荷物が集まってからの配送になりますので、希望の日に荷物を運ぶことができないというところが難点です。

 

ベッドの搬送も、引越しも引越し業者が忙しくない日であれば安くなるチャンスがあります。

 

 

引越しの見積もり書と契約書の違い

 

ベッド搬送見積もり

 

引越し業者の見積もりの際に出される書類には、見積もり書と契約書があります。

 

見積もり書は費用の内訳が記載されていて、引越し料金の根拠となるものです。

 

一方契約書はサインをしてしまうと、法的な責任が生じます。
契約書へのサインは業者と契約したとみなされますので、解約の際にはキャンセル料が発生することも有り得るものです。
サインをする際には、書類の名前にご注意ください。

 

トラックのサイズは荷物の量によって決まります。
荷物が多い場合は大きなトラックが必要です。
ここで見積もり書に「積み切り」と書かれていないかを確認をしてください。

 

積み切りというのはトラックに載せられるだけ載せますが、入りきらなかったものは自力で運んでくださいということになります。

 

ですから荷物は「全積み」での契約になっていることを確認してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

荷物運搬 家具運送 ベッド配達